TOPへ

鹿児島中央助産院のロゴ

MENU
HOME
写真
  1. ホーム
  2. 産後
大事にしてもらえたを実感できる環境

一人一人のペースに寄り添い、「ちょっと大変」を
一緒に乗り越えれるようにしています。

産後は、母と子が一緒にいられつつ、十分な休息がとれる環境を作ります。

そして退院してからも、電話や訪問などで気軽に相談できる関係を
続けていきます。

鹿児島中央助産院の産後入院中のケアの特徴

写真

出産を終えたお母さんのからだの回復ができるように、一人一人に合わせたケアを行っています。

授乳や育児は、母子のペースや赤ちゃんの気質に合った方法を一緒に考えます。(集団での指導は一切行いません)

食事はそれぞれの身体と好みに合わせたものを丁寧につくります。

生まれた赤ちゃんが、新生児黄疸や脱水などでストレスが大きくならないよう、治療が必要な状態でないかどうか、 細やかな観察とケアを行います。

上のお子さんなど、一緒に泊まってほしい人はどなたでも泊まっていただけます。泊まる方が多い場合は大きめの部屋をご準備します。

緊張した気持ちがほっとできるようなケアや環境づくりをしています

母乳育児を軌道に乗せたい方、授乳が難しい方、助産院でのケアを早めに受けられることをお勧めします。母子のペースや気質に合ったケアを提供し、また方法を一緒に考えます。
夫や上のお子さんなど、一緒に泊まって欲しい人はどなたでも泊まっていただけます。

設備の写真 設備の写真 設備の写真
産後入院・デイケア

産後は母の身体が回復してない状況で、思い通りになかなかいかない育児が始まります。病院で教えてもらったとおりにやっても赤ちゃんのぐずり泣きや、授乳がうまくいかない、自分の睡眠不足、身体の痛みなどが解消できず、多くの母が戸惑い、悩んでいます。

しかし、母自身が心身ともに健やかであることがとても大事な時期でもあります。

育児や授乳に不安のある方、身近に面倒を見てくれる人がいない方に対して、助産師が24時間を通して母と子のペースに寄り添ったケアを行っています。当院で出産されてない方でも、どなたでもご利用になれます。利用料の一部を負担している市町村もあります。

産後ケア事業 契約市町村(平成31年4月現在)
鹿児島市、薩摩川内市、日置市、姶良市、鹿屋市、出水市、阿久根市、南九州市、指宿市、霧島市、いちき串木野市、垂水市、十島村、三島村、さつま町(市町村から一部補助有り)
産後ケアの種類
助産院に泊まって24時間ケアを受ける「宿泊型」、助産院で日中6~8時間過ごしてケアを受ける「デイケア型」、訪問でケアを受ける「訪問型」があります。
利用料金や利用期間
各市町村によって異なります。お住いの市町村にお問い合わせください。
市町村の補助がない方
全額実費となりますが、同じケアを受けることができます。

利用者の声

鹿児島中央助産院の産後ケアの特徴

産後の身体の回復が進むように一人一人に合わせたケアを行っています。

緊張した気持ちがほっとできるようなケアや環境づくりをしています。

母乳育児を軌道に乗せたい方、授乳が難しい方、助産院でのケアを早めに受けられることをお勧めします。

母子のペースや気質に合わせたケアを提供し、また方法を一緒に考えます。

夫や上のお子さんなど、一緒に泊まってほしい人はどなたでも泊まっていただけます。

そのほかの産後のサポート

写真

訪問ケア

ご自宅に訪問して、おっぱいケアや育児相談、沐浴などを行います。内容により料金は異なります。(別途交通費を頂きます。)

写真

母乳育児相談・おっぱいケア

母乳育児がうまくいくように、おっぱいの 含ませ方、赤ちゃんの抱き方、与えるタイミングなど一人一人の母子に合った方法を一緒に考えます。乳房トラブル、母乳分泌をを増やすケア、卒乳時のケアも行っています。

写真

からだのお手当て

助産師がからだの不調を含めた様々な相談にお答えします。必要に合わせてお手当てを行います。

写真

電話相談・外来相談

24時間の電話相談を行っています。 育児のこと、子供の健康のこと、 思春期や更年期の相談などお気軽に相談く ださい。外来での相談は要予約。

   ボタン

宿泊型産前産後ケアセンター

遠方や離島の妊婦さんや支援を必要とする方が家族と共に安心して 出産を迎え、産後を過ごせるように鹿児島中央助産院の2階に ウィークリーマンション形式の施設をつくりました。

写真
条件 助産院で出産予定 他院で出産予定
一人(妊婦様) 3.000/日 3.500/日
二人(妊婦、家族) 3.500/日 4.000/日
三人以上 4.000/日 4.500/日
場所
鹿児島市伊敷6丁目17-18(鹿児島中央助産院の2階)
分娩費(滞在費用除く)
出産育児一時金でほぼまかなえますが、入院期間の長短で異なります。詳細は鹿児島中央助産院までお問い合わせください。
設備
・1ルームタイプの部屋を3部屋
・各部屋に冷蔵庫、電気コンロ、エアコン、炊飯器、布団、シーツ、座卓、ワゴン、食器、調理器具。
・共有スペースに、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、テレビ。
設備の写真 設備の写真 設備の写真 設備の写真 設備の写真 設備の写真